手放す前に読んどくブログ

流通の多いダイヤの相場とは 山重質店

   2018/01/06

広島県 呉市 山重質店 取締役会長 山重恒夫です。

 

staff_01

 

婚約のしるしとしての指輪のダイヤとして0.2カラットから

0.3カラットクラスがよく用いられるというアンケートの結果が

ありますが、ここでは0.2カラットクラスの市場相場を見てみましょう。

 

 

0.2カラットのダイヤということでこの度は市場の商品が豊富な

カラーはEクラス、カットはベリーグッド、クラリティーはVVS2,

そして蛍光性は無しの場合の市場相場といたします。

 

R0028397-300x225

 

まず、6年前の2011年12月の市場相場では約20,000円位で

取引されております。

 

 

更に2年後の2013年の12月の相場では0.2カラットから

0.25カラットクラスでは約20,000円位で取引されてるのに

対して0.25カラットから0.29カラットクラスでは約30,000円位

の相場となっております。

 

 

これは0.05カラット違うだけで約10,000円位の市場の相場が

変わるのがわかります。

 

 

また1年後の2014年の12月の市場相場では

0.25カラットから0.29カラットクラスでは

約40,000円位で取引されております。

この当時はやや相場が上がっています。

 

 

更に昨年の2016年の12月では同じ0.25カラット

から0.29カラットクラスでは約30,000円位で取引

されております。

 

 

そして今年の12月の市場では0.2カラットから

0.25カラットのクラスでは同様に約20,000円位で

取引されております。

 

 

この市場相場を見てみますと0.2カラットから0.25カラット

では約20,000円位、また0.25カラットから0.29カラットでは

約30,000円位で取引されております。

 

 

このクラスのダイヤも長年にわたり市場相場が安定しております。

これからもダイヤモンドの市場相場からは目が離せないです。

shichi01

 

 

今年1年、広島県呉市の山重質店本店のブログをご覧頂き

誠にありがとうございました。

来年もまた宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 その他生活ブログ 質屋へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket