手放す前に読んどくブログ

シャネルのバッグの査定について(その2)

   2017/04/18

広島県呉市 山重質店 代表取締役 山重恒夫です。

 

本日も昨日に続きシャネルのバッグの査定

について述べてみようと思います。

まず下の2枚の写真を御覧ください。↓↓

chanel3

こちらの2枚の写真のシャネルの刻印を比べて見て下さい。 

 

CHANELのEの文字を2枚で比べて見ると

右の写真のEの文字の真ん中の横棒は

3本の横棒の中で一番短いですが

左の写真のEの文字の真ん中の横棒は上の

横棒と同じ長さになっております。

 

真ん中の横棒は3本の中で1番短いのが真正品です。

したがって2枚の写真では左の商品が不正品で

右の商品が真正品ということになります。

 

次の写真を御覧下さい。↓↓

P1330621

こちらの写真の商品のタグにはMADE IN PARIS

と記載されていますが真正品にはこのような文字は

入っておりませんのでこちらは不正品となります。

よく出回っている不正品なので注意が必要です。

 

次回もシャネルのバッグについて述べようと思います。

 

いつも広島県呉市の山重質店を御利用の皆様

ありがとうございます。 感謝しております。

 

  • にほんブログ村 その他生活ブログ 質屋へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket