手放す前に読んどくブログ

ダイヤの鑑定書について。(その3)

 

今日の広島県呉市は爽やかな気持ち良い秋晴れです。

山重質店 代表取締役 山重恒夫です。

 

さて今回も中央宝石研究所のダイヤモンドの

鑑定書について述べてみましょう。

 

今日はダイヤモンドのプロポーションを決める

カットについて述べてみましょう。

dia-cut

 

 

上の図はダイヤの真上(テーブル)から光が石の中に

入り、光が屈折した状態です。

 

お分かりだと思いますが、上の段の三つ並んだ

ダイヤの内一番左の石(Ideal)が正しく屈折して

再びテーブルから光が出ている状態です。

 

したがってこのダイヤ(Ideal)が三つの石の中で光が

正しく反射し、理想的なカットで最も美しく輝いています。

 

また、他の二つのダイヤ(Deep) (Shallow)は如何でしょうか?

 

他の二つのダイヤは光がテーブルに反射しないで

石の下のパビリオンというところで光が外に出ています。

 

したがってこれらの歪みのあるカット

ではダイヤ自体の輝きは半減されます。

 

下の図を御覧ください。 ↓↓

ph_4c_01

 

上の図の様にダイヤモンドのカットは大きく分類して

3EXからPOORまで6つに分類することができます。

 

同じダイヤモンドでもカットの良し悪しで

石の輝きも大きく変わってきます。

 

この様に私達はダイヤモンド一つを査定するのも

カットに関しても細かい部分を見て

鑑定しておりますのでダイヤの査定は

山重質店にお任せ下さい。

 

 

 

  • にほんブログ村 その他生活ブログ 質屋へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お問い合わせ電話番号:0120-79-1178 宅配買取
LINE査定